オンプレミスからクラウドへ。
京都クラウド導入移行支援サービス 京都クラウドVIVID!

お気軽にお問い合わせ下さい。
075-212-1121
受付時間:平日9:00~18:00
メールでお問い合わせ

VIVID!システム導入移行では
客様システムをクラウド環境へ
移行するお手伝いをしております。

★VIVID!/システム移行の利点について

面倒な物理サーバーのメンテナンスが必要なくなります。

クラウドで仮想サーバーとして稼働させますので、当然物理サーバーとしてのメンテナンスや故障対応はなくなります。

ITコストが削減できます。

規模や環境にもよりますが、最大で約60%削減することができます。しかしこれはあくまでサーバーのみのコストです。 実は他に、電気代、管理コストなどが削減できます。つまりクラウドに移行する事によりIT資産以外のコストダウンも可能です。目に見える数字だけが効果ではありません。

システムの規模拡大に時間がかかりません。

事業の拡大などによりシステムを増強する場合、物理サーバーだと数週間以上かかりますが クラウドなら早い場合、数時間で環境を構築することができます。

テスト環境が安価にスピーディーに立ち上げることができます。

本番環境と同じテスト環境を構築しようとすると、単純計算で本番環境と同じお金が必要です。 また、テストが終われば物理サーバーは使われなくなり無駄になります。しかし、クラウドですと簡単にテスト環境をまるでコピーするかのように構築でき、 使わなくなれば簡単に削除することができます。

面倒なサーバー運用監視は弊社にお任せ下さい。

お客様システムがクラウドに移行してもシステムの運用監視は必要です。また、クラウド環境の運用監視はやはり同じサーバー といえど監視画面の操作などに特有のスキルが必要となり、通常の運用監視とは異なります。 しかし、そのような運用監視を弊社にお任せしていただくことにより、お客様は運用監視に気を取られることなくビジネスに集中して頂けます。
弊社はシステム運用を得意とし、長年の経験と実績がございます。安心してお任せください。 運用監視について詳しくはこちらをご覧下さい。

★システム移行までの流れについて

  1. 現状調査

    まず始めにお客様へのヒヤリングを行い、システムのどこの部分をクラウド化すればいいのかを判断します。

  2. マシンスペック調査

    クラウド化するマシンはどのようなスペックのマシンなのか、使用OSは何なのかなどを調査します。

  3. クラウド設計・構築作業

    お客様と使用クラウドマシンのスペックなどを確認、了承の上、AWSにて環境を構築、負荷テストなどを行います。

  4. お客様へ納品

    問題なければお客様へ環境の引き渡しを行います。

★システム移行レベルについて

お客様でどこまでの移行をお望みかで移行のレベルが変わります。環境だけを構築して欲しいお客様はレベル1までを、データの移行までをお望みのお客様ならレベル3までを 実施致します。また、移行のレベルにより料金が変わります。
料金につきましてはこちらをご覧下さい。

移行レベル1 基本移行サービス

移行レベル1
  • お客様のクラウド環境(サーバー、ロードバランサー、ストレージなど)の最適な設計・構築作業を行います。

  • 弊社でOSを立ち上げるところまでを実施致します。

移行レベル2 ソフトウェア導入サービス

移行レベル2
  • お客様ご利用のソフトウェアのインストールから起動確認までを実施致します。

  • ※ライセンスなどのご相談や利用可否確認作業も含みます。

移行レベル3 データ移行サービス

移行レベル3
  • お客様所有データをクラウドへ移行します。移行後動作確認などを行い、 必要であればソフトウェアのチューニングを行いますが、こちらは長い期間が必要な場合が御座います。。

  • ※こちらはお客様先での作業となります。お客様データを弊社に持ち帰ることは致しません。

▲ページトップへ